交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|デートクラブで普段出会えないような女性と密会を

デートクラブで普段出会えないような女性と密会を

孤独すぎる男性の心の拠り所

仕事をバリバリこなしていて順調に成果も上がっている人は、それに応じて地位も向上してしまっていてたくさんの部下を持つことで、今まで味わったことのない精神的な負担を味わうかもしれません。
そういう人には息抜きの時間が必要ですが、どこへ行ってもそのようなくつろげる空間はなかなかないと思います。
お互い本音で言い合えるような関係の女性というのはなかなか出会えるものではありません。
たとえそういう関係の人がいたとしてもそれは過去の話であったり、逆に近すぎる関係になってそういう話はしにくくなったりするかもしれません。
なので、プライベートな話を言い合えるような、年上の男性を求めている女性に限定した出会いの場というものがあれば、それは喜ばしいことではありませんか?

そんな立場はあるが、会社を背負うような地位にまで上り詰めてしまった孤独すぎる男性の心の拠り所になれるかもしれないところが、デートクラブです。

自分好みの女性に会える最高の手段

世の中には女性に会うための手段は色々ありますが、自分好みの女性と出会う手段というのは非常に少ないです。
その代表例と言ったらナンパですが、ナンパというのは非常に難易度が高くてナンパに慣れているチャラい男性でも、
メンタルが弱っている時にはなかなか女性に声をかけられずに、その場でただ立っているだけのいわゆる「地蔵」状態になってしまいますので、素人が行うのにはあまりにも高い壁があります。
デートクラブに登録すればそのような精神力を使うようなめんどくさい行動を取らなくても、簡単に自分好みの女性との出会いを、スタッフのサポートを受けながら行うことができます。

ナンパのように初対面の女性へのアピールポイントとして、男性のルックスやコミュニケーション能力を素早く証明しなければならない難しい作業を、デートクラブではする必要がなくて、 女性のプロフィール画面を見ながら落ち着いて選択することができます。

・自分の外見に自信が持てなくても他の部分で十分勝負ができる
「自分はそれほどイケメンでもないから、女性と話すのに不安がある」と思ってしまうかもしれませんが、女性というのは表向きには「高身長のイケメンが大好きです!」と言っておきながら、実際の彼氏は全く違ったということがよくあります。

なぜこんなことが起きるのかというと、女性というのは男性が思うよりも、男性の外見を付き合う条件として一番に考えていないということです。

デートクラブでは、女性に対して内面の魅力を見せて、多くの女性から連絡をもらっている男性というのがたくさん存在します。
それは外見以外の「大人らしい器の大きい態度」や「落ち着いた年上ならではのスマートな佇まい」などに女性というのは憧れを持っています。
女性というのは誰しもファザコンの部分を持っているので、年上の男性からまるで理想の父親のような行動をとられたら、その女性はもうあなたしか見えなくなってしまうでしょう。

男性からリードしてあげよう

デートクラブに登録している女性は素人の女性ばかりなので、水商売などのプロフェッショナルな職業についている女性と比べて「男性をいい気分にさせるテクニック」というものにあまり詳しくありません。
なので、いざそういう女性と会おうとしても、女性の方は緊張しているでしょうから、男性の方から「俺についてきて」と、余裕ある大人の態度でデートをリードしていきましょう。
そうすることによって女性も「とても頼りになる男性だな」と好印象を与えることができますし、安心してデートをしようと思ってもらいます。
デートする前に女性のプロフィールの情報をしっかりとチェックして、いざデートする時にその情報について話題に出してみましょう。
自分に関係ある共通の話題だったり、女性が興味を持っていることを話題に出してあげると、女性は喜んでその話題に乗ってくれると思うので、それだけ仲良くなるスピードも早くなります。

・女性との話の乗り切り方
ここで重要になってくるのが、女性が話してる時の男性の「話の聞き方」です。 男性と女性では思考回路が違うので、どのような話が面白く感じるかというところが全く違います。
なので、プロフィール画面から女性の情報を覚えておいて、会った時にその情報を話したとしても、男性にとっては全く面白くない辛い時間になってしまうでしょう。
辛い女性の話を乗り切る鍵は「石田純一スタイル」です。 石田純一さんは過去に「女性との会話は、ウソー!? ホントー!? 信じられないなー! って言っておけばいい」というような発言をしています。
この発言は、実際の女性と向き合う時の態度として金言とも言える価値の高いテクニックです。 私たち男性は人から話しかけられた言葉に、ちゃんと考えて正しい答えを返答しなければならないと無意識に持っていますが、女性はそうではないのです。

女性に向かって「このことについて君はどういう意見を持っているんだい?」というような、女性に自ら考えて発言してもらうような感じで質問したとしても「えー? わかんなーい」みたいな感じで、はっきりした答えは返ってこないと思います。
極端な言い方ですが女性は男性が考えるような理想の回答は行いません。 女性は議論というものが嫌いなのです。

女性同士の会話を聞いていたらこんな感じではありませんか? 「この前さー、こんなことがあったんだよ-」「えー、本当にー? 信じらんなーい」というような会話です。
男性から見ると「そんな会話をしていて何になるんだ? あなた達はその会話でどのような解決ができると思っているんだ? 私には全く理解できない」とイライラしてしまうでしょう。
しかし女性にとってこのような会話がスタンダードなのです。 私たちの本能には未だに狩猟生活の名残が残っているので、男たちが狩りに出かけた後のコミュニティの維持を女性は最も大事だと本能に刻み込まれています。

なので、男性から見ると全く無意味に見えるような会話であっても、コミュニティの維持という観点に立てば意味のある会話に見えてきませんか?
石田純一さんは無意識でしょうが、このような女性の本能に気づいて、女性とのコミュニティをつなげようという意識で女性との会話をするので、女性の影が絶えないのです。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP