交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|最初のデートを成功に導くためのポイント

最初のデートを成功に導くためのポイント

 交際クラブ・デートクラブでは、最初のデートが初対面ということになります。
その最初のデートで連絡先を交換するために、仲良くなる必要がありますが、そのためにデート場所というのは非常に重要です。
ですので、今回は最初のデートを成功に導くためのポイントを紹介していきます。

最初のデートはどこに誘ったらいいのか?

食事をする男性と女性

 最初のデートで、パパ活をしている女性はどこに誘えばいいのかと言うと、あまりおすすめしないのは、最初はいきなり遠出をしようとしたり、遊園地や映画館に誘ったり、もしくはドライブに誘ってみたりなど、昼から長い時間女性と一緒にいるようなデートは、基本的に初回はおすすめしません。
最初はオーソドックス、食事デートをするのがおすすめです。
それはなぜなのかと言うと、女性は男性に比べて一目惚れをする可能性はほとんどなく、じわじわと好感度を上げていくタイプですので、初対面の段階では男性のことが好きとか、自分のタイプだとか、恋愛感情があるわけではないのです。
もちろん、女性からそのような感情を感じ取ることができれば、色んな所にデートに出かけて大丈夫なのですが、まだ女性の方が最初のデートの時は探りを入れてくるで、長い時間男女で過ごすような場所を指定してしまうと、かなり警戒されてしまいます。
ですので、最初は女性の警戒心を解きほぐすために、サクッと終わることができる食事デートの方が、デートセッティング率が高くなります。

最初から行くお店を聞いておこう

プレゼントをもらう女性

 女性とのデートセッティングが完了したら、デートの当日までに食事デートをする場所を聞いておきましょう。
交際クラブ・デートクラブの女性会員のプロフィール情報のなかに、女性の好きな食べ物が記入されていると思うのですが、それがなかったら何が好きか分からないので、会ってから決めようと思うかもしれませんが、それはお勧めしません。
例えば女性と待ち合わせ場所で初対面を果たした後、何を食べようかと会話をしながら店を探していると、女性の方はファッション重視であまり着心地の良さを重視していない服装かもしれませんし、ハイヒールを履いていてずっと立っていたり、歩いて店を探したりしつづけるのは辛いかもしれませんので、あまり女性の好感度が上がらない可能性があります。
そんな状態でお店を探すために女性を連れ回していると、女性はお店に入るまでに歩き疲れてしまいます。
あるいは、いい店があると思って入って行っても、人が多くて満席だったり、いい席に座れなかったり、雰囲気のあるカウンターに座れなかったりとか、いろいろデメリットが多くなってしまいます。
最初のデートの時は、好感度を上げていくために対面の席ではなくて、カウンターなどの横並びの席がおすすめなのですが、事前に調べていないとそのようなお店をすぐに見つけることはできません。
なぜ横並びの席をおすすめしているのかと言うと、スキンシップがしやすくなるからです。
しかしながら、横並びの席に座れなくて、対面の席に座ってしまうと、なかなかスキンシップがしづらくなりますし、しようと思っても変な感じになってしまいますので、逆に好感度がマイナスになってしまう危険性があります。
他にも、事前にその店の客層を調べることができないので、入ったお店が若者だらけでガヤガヤしていたということもあります。
このように、いろんな不確定要素が潜んでいますので、最初のデートでは、必ず店は事前に調べて予約をしておくことが大切です。

多少強引でもジェントルマンでいれば女性の心をつかむことができる

 女性が何が好きなのか、ということがわからなかったとしても、店選びに関してはそれほど気を使わなくても構いませんので、まずはジェントルマンとして、男性の方が店を決めるということをしてみてください。
基本的に、何が食べたいのかということは、レストランに入った後に、魚系なのか肉系なのか、ということのレパートリーを女性に選ばせるということをしてください。
ここでもし、女性が何を頼むか迷いすぎて答えられないとか、値段にびっくりして、申し訳なさそうな顔をしながら固まってしまっているのならば、男性の方がメニューを決めるという流れで、最初の食事デートをこなしてください。
交際クラブ・デートクラブのハイクラスな男性会員であれば、一般女性が普段立ち入れないようなレストランに連れて行くわけですから、女性から「これでどうやって食べたらいいんですか?」というようなことを聞かれるかもしれません。
その時は、丁寧に教えてあげればいいでしょうし、教えてあげている時に、手に触れたりなど違和感のないスキンシップをすることができます。
あるいは、食事中に固まっている場合は、食べ方が分からないけどそれを聞いてしまうと、マナーがなっていない女性だと思われてしまうから聞けない、というふうに思っている可能性もあります。
そのような場合は「これはこうやって食べるんだよ?」と、さりげなく食事マナーを教えてあげると、女性の方が”あ、別に聞いても大丈夫なんだ”と、安心してくれますから、そこから自然にスキンシップを行っていきましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP