交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|お酒の力で女の子を落とす。上手なバーの活用方法とは?

お酒の力で女の子を落とす。上手なバーの活用方法とは?

恋にお酒はつきもの、二人の距離を近づけるマストアイテムです。恋愛の国、フランスでは18世紀に「完全な愛」を意味する「パルフェ・ダムール」と呼ばれるリキュールが登場し、貴族の間で愛されていたといわれています。
気になる女の子との関係を恋を発展させるには、どんな時にどんな雰囲気で、どんなお酒を飲めばいいのでしょうか。そのポイントをご紹介します。

お酒は二人の距離を縮める?その科学的根拠とは

カクテル

恋愛は心のはたらき、すなわち衝動的なものととらえがちですが、実は人が恋をするメカニズムは脳の働きによるもので科学的に説明することができます。
例えば、脳の情報を神経同士に伝えるシナプス伝達物質の働きについてみてみましょう。気持ちの中に本能的にこの人が好きだ、気になるという情報が送りこまれると、シナプス伝達物質を通じてその情報が脳内へ伝達されていきます。
シナプス伝達には、抑制性伝達物質と呼ばれるものと興奮性伝達物質というものがあり、どちらが働くかによって人が取る意思決定や行動が変わってくるのです。すなわち、抑制性伝達物質が働くとその判断をやめる方向へ作用し、興奮性伝達物質が働くとその判断を助長する方向へ作用します。例えば、GABAと呼ばれるアミノ酸の名前を聞いたことはありませんか?GABAは抑制性伝達物質のひとつのため、脳内での分泌量が増えるとおのずと欲望を抑えてしまう働きがあります。

では、恋愛をすすめるときに望ましいのはどちらの伝達物質でしょうか。抑制性伝達物質?それとも興奮性伝達物質?そう、興奮性伝達物質ですよね。ここで抑制性伝達物質が働いてしまうと気持ちが抑えられてしまします。
そこで活躍するのがアルコールです。アルコールが体内に入ると、抑制性伝達物質の働きを抑えるので、「制御」という理性の蓋が取れて本能が働くようになります。

バーはハードルが高い?

女の子をお酒に誘うのに、バーに誘うのはハードルが高くて誘いづらいと苦手意識をもっていませんか?確かに、ドラマで出てくるような照明が落とされたホテル最上階のバーに誘うのはハードルが高いのかもしれません。ですが、最近では若い人でも入りやすいカジュアルバーがたくさんあります。
カジュアルバーなら、予算的にも安く抑えることができますし、若い人でも飲みやすいようなカクテルメニューもそろっています。まずは、気軽に入れるバーに誘って、お酒と会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

カウンターで2人の距離を一気に縮める

バーといえばカウンターのイメージでバーテンダーとカウンター越しにやり取りするイメージがありませんか。実は、バーでもお店によっては、ローテーブルとソファを置いているところ、ハイテーブルでスタンディングで飲むところなどさまざまな形態があります。
恋愛で2人の距離を縮めたいのなら、選んでほしいのがカウンタータイプのお店です。
女の子と横並びに並ぶことで距離感を詰めることができます。
カウンターの良いところはまだまだあります。テーブルで面と向かって座ると視線の行き場に困ることもありますよね。その点、カウンターであれば、無視線を合わせ続ける必要もありませんし、バーテンダーと話すことで女の子と話し続けなければならない事態も避けられます。女の子との会話が苦手な人にとっては、助けになるのではないでしょうか。
また、バーテンダーからはカウンターの下は視界に入りません。そのため、彼女に酔いが回ってきたら足をからめたり手をつないだりしてもばれることはありません。安心して2人の距離を縮めてくださいね。

無理にお酒を飲ませなくても大丈夫

愛し合うカップル

お酒に誘うとなると必ずお酒を飲ませなくてはいけないのでは?という風に考えてしまいませんか。実は、バーでは、アルコールメニューだけでなくノンアルコールメニューも用意されています。もちろん、アルコールの方が体内に入って、人の理性を解き放つ働きがありますが、バーという環境そのものが大人の雰囲気を作り出しており女の子の心を緩める働きをします。
そこで、お酒が苦手な女の子をバーに誘うときは、単なるソフトドリンクではなく、ノンアルコールリキュールで作られたショートカクテルを注文してみることをおすすめします。アルコール分が入っていなくても、カクテルグラスに入ったショートカクテルは見た目的にもアルコールを連想させますし、脳の錯覚を引き起こします。軽く照明が落とされて雰囲気の良い場所で二人で並んでドリンクを飲むだけで、色っぽい気分にさせることができますよ。

強いお酒は注文しない

ところで、女の子をお酒の場に誘うときに注意しておきたいのが自分の注文です。女の子の前ではつい良いところを見せたいと強いお酒を飲んで男力をアピールしたくなるかもしれません。ですが、強いお酒を飲んで潰れてしまっては意味がありません。恥ずかしい姿を見せないためにも、程よい強さのお酒にとどめておくようにしましょう。
飲む量についても同じく飲み過ぎは禁物です。彼女をきちんと返してあげられるよう、理性を保った飲み方をする方が長く続く付き合いへつなげることができますよ。

交際クラブ・デートクラブの皆さまも、デートでバーに行ってみてはいかがでしょうか。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP