交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|デートでお目当ての女性をその気にさせる食事代の払い方

デートでお目当ての女性をその気にさせる食事代の払い方

今回は何度も女性をデートに誘って、食事代も全額自分が払っているのに、なぜか女性から連絡が取れなくなったという体験をした人が交際クラブ・デートクラブに会員登録している知り合いの男性から教えてもらった女性にモテる食事代の払い方を紹介していきます。

デート代はおごるべきだとの固定概念がある?

男性と女性が一緒に食事をしている


もちろん、女性とパパ活をするわけですから、最初のデートの時は男性が全額払う必要があると思いますが、連絡先を交換することができて、何回もデートをするような関係になったら「デートの食事代は男性が全て払うものだ」という固定概念を捨てる必要があるのです。テレビや雑誌などで「お金にケチケチしている男性はだめだ」ということが盛んに言われています。そのこと自体はその通りの部分もあるかもしれませんが、絶対に正しいとも言えるわけでもない微妙なラインなのです。なぜなら、ある程度女性と親しい関係になったら別に食事代を全額男性が負担する必要はないからです。交際クラブ・デートクラブを利用しているハイクラスの男性のアドバイスによると、男性たちは、忙しい仕事の合間を縫って、わざわざ女性に会っているけど、相手の女性の方だって暇というわけではないから、デートに来るということは結構な負担でもあるわけです。パパと会うために化粧もしなければいけないし、洋服のコーディネートを合わせなど、デートの待ち合わせ場所に行くまで1時間以上準備をしなくちゃいけない。だから女性が何回もデートをする男性というのは深い関係になってもかまわないと深層心理において考えている男性らしいのです。しかしながらそこで全ての代金を男性が払ってしまうと段階を踏まずに今以上の関係を望んでしまうと、せっかく深い関係になるかもしれなかったのにそれがおじゃんになってしまう可能性も。

仲良くなったらデート代を全て男性が支払うのは何がいけないのか

シャンパンを乾杯


二人の関係がまだそれほど進展していない場合は、男性が支払う必要があると思います。しかしながら、仲良くなってきたらそれはやめたほうがいいのです。なぜ仲良くなるとデート代を男性が全額支払いはやめたほうがいいのかと言うと、女性の方が”なんだか悪いな・・・”という風に罪悪感を持ってしまうのです。男性としては、ちゃんと言葉に出して言ってもらいたいと思うのですが、女性というのは、なかなかはっきりとは言ってくれませんよね。要するに、仲の良い友人関係にまで発展したら、男性の方が全ての代金を支払うということは逆に不自然になってしまうのです。つまり女性と仲良くなったら、男性と女性との間に友情が生まれるわけですから、友人として食事をしながら会話を楽しむ、ということを行うのです。女性は本来、警戒心が強いので、まだそれほど仲良くなっていないうちは、きちんとデート代を全額男性が払う必要がありますが、仲良くなって警戒心がなくなると「この男性と本音でしゃべりたい」という気持ちが強くなります。そういう関係になると、全ての食事代を男性からおごってもらいたいというよりも自分も何割か払いたいという心理状態になるわけです。だからこそ気軽に本音を言えるようになった後はすべての料金を払ってしまうと、逆に女性の方が”私達ってそれほど仲良くないのかな?なんだか遠慮されている気がする”と、落ち込んでしまうのです。

割り勘の仕方にもルールがある?


アドバイスを受けた男性は次からは割り勘にすれば、うまくいくと思ったらしいのですが、どうやらそういうことでもないらしいのです。その男性は今度から割り勘にしていくために小銭を増やして行こうと考えていたのですが、ハイクラスな男性によると、それもNGらしいのです。小銭単位で割り勘をしようとすると女性視点ではあまりジェントルマンには見られなくなってしまうそうです。ですから、割り勘するにしても1円単位で金額を決めるのではなくて「それじゃあ、自分は8割ぐらい出すから、君は2割くらい出してくれないかな?」という感じで大雑把に割り勘をするのがパパ活でモテている男性のテクニックなのです。女性がちょっとしか払っていないように見えますが、交際クラブ・デートクラブを利用するようなハイクラスな男性とパパ活女子のあいだにはかなりの収入格差がありますから、本当は男性の方が全額払った方がバランスが取れているのです。しかしながら何度も男性に奢られてしまうと、先ほどの説明の通りに女性の方が申し訳なく思ってしまって距離を取られるので、食事代の20%ぐらいは女性に払ってもらって罪悪感をなくしていきます。そうすれば、男性に対して申し訳ないという思いをする必要はありませんので、いきなり連絡が途絶えることがなく、長期間、女性と交際できるようになるのです。それではどのように割り勘をすればいいのかと言うと、例えばご飯を食べている時に店員さんが来てお会計ということになったとします。その時に、女性に対して「それじゃあ2000円でいいよ」という風に伝えるのです。これが4000円以上だと、さすがに女性の方が「結構きつい・・・」と思ってしまいますので、だいたい4000円いかないぐらいの金額を払ってもらいましょう。レジでお会計をする場合も女性に2割払ってもらってください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP