交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|LINEで誘ったデートを断られた場合の対処法

LINEで誘ったデートを断られた場合の対処法

交際クラブ・デートクラブを利用して、パパ活女子と連絡先を交換した場合、LINEのやり取りをするようになると思いますが、その中でデートに誘うメッセージを送ったものの、女性から断られてしまった場合、どのような対処法があるのか、ということを解説していきます。

女性は責任を取りに行く男性が好き

返信に困る女性

現在はなかなか自ら望んで責任を取りに行くような、男らしい男性は少なくなってしまいましたが、だからこそ女性というのは責任を取りに行く男性に憧れるものです。
やっぱり女性というのは、肉食系女子という言葉も出てきましたが、現代社会になっても、自分から責任を取りに行く、という女性はいることはいるのですが、数が少ないです。

話をLINEに戻しますが、LINEというのは非常に楽に相手とつながることができるツールで、便利なのですが、便利すぎてついつい気軽な気持ちでメッセージを送ってしまう、というデメリットもあります。

文字を打つのも楽で、考えるのも楽。
失敗をしなくても済むので、今送らなくてもまた後で送ってしまえば、成功する確率はずっと残るわけです。
要するに非常に楽な連絡手段なわけですから、女性からも楽をしていると見られるわけです。

楽をしているのがいけないというわけではありませんが、女性からの印象としては、責任を取っていない男性として見られるわけです。
責任を取りに行くということは、堂々とデートに誘う事をしなければいけませんので、当然断られるリスクがあるわけです。

正直、男性としてはそれでチャンスを潰すよりも、残しておきたいという気持ちが働いてしまって、なかなか「今度デートしようよ!」と、行動に移せないのですが、じっくりと男性を見ている女性にはバレバレ・・・

どんどん攻めて欲しい

交際クラブ・デートクラブはたくさんの魅力的な女性が在籍していますが、時間は有限なわけですから、女性に対してどんどん攻めているような姿勢を見せて、男らしさをアピールした方がモテると思いますし、時間の短縮になるというメリットも。

女性からセクハラやストーカーと思われるようなことをしろというわけではなくて、最近はそういうことに厳しくなってきたので、しょうがない面もありますが、あまりにも男性がリスクを取らなくなってしまったので、逆に責任を自ら取りに行くような男性が珍しくなったということです。

そういう男性はなかなかいなくなってしまったので、女性からの注目を集めてめちゃくちゃモテることができます。
ですから、LINEの話に戻りますが、LINEは楽であまりリスクを取る必要がないので、頻繁にやり取りするのはNGです。

個人的な意見としてはやめたほうがいいとは思うのですが、なかなかそううまくはいかない人もいると思いますので、あくまでも「連絡ツール」という見方をして、できるだけ使用頻度を少なくした方が、男性としての価値が高まっていきます。

LINEでデートを断られたら既読無視してください

スマホで返信する女性

交際クラブ・デートクラブを利用した初デートで、女性と連絡先を交換することができたら、2回目のデートに繋がるように、メッセージのやり取りをしていくと思いますが、その時しかないがあまりにも本来の自分と乖離していると、メッキが剥がれた時に大変なことになってしまいます。

それではLINEでのメッセージで友好度や好感度などは分からないという前提の上で、お話ししますが、デートに誘ったのにも関わらず断られてしまったら、そのまま既読無視してください。
これはかなり女性は傷ついてしまうと思いますが、断られた男性だって傷つきますから、お互い様です。

おそらく「何だそれは?さっきまで男らしくしてくださいみたいな感じで説明していたじゃないか、それなのに既読無視?全然男らしくないじゃないか」というようなことを思う人もいるでしょう。

しかし、考えてもらいたいのですが、自分がLINEのメッセージを送って、女性に無視されてしまったというような経験は結構あると思います。
目には目をというようなことではありませんが、ある程度女性に合わせるということも、男女の付き合いでは必要。

かなり抵抗感はあるかもしれませんが、私はLINEなどせずに直接会って女性を楽しませればいい、というような考えをしているので、それほどLINEのやり取りを重視しないというスタンスをしています。

男性の誠実な対応を女性が曲解してしまう恐れも

なぜこんな対応をするのかと言うと、男性の誠実さと言うか、優しさを女性が誤解せずに受け取ってくれるか、ということは未知数だからです。
男性と女性は価値観が違うわけですから、言葉のやり取りで様々な誤解が生まれて、曲解して受け取ってしまうということが結構あります。

ですから、男性が「今度のデートの日はちょっと予定が合わなかったのかな?ごめんねー、また誘うね~」とショックや動揺を隠そうとして、一生懸命見栄を張って優しく返信したとしても、女性は「男らしくないかも?」と曲解してしまうのです。

それよりも、デートを断られたら既読無視という選択をすることによって、女性も「あれ?なんで既読無視しているんだろう・・・返信してくれないのかな?」と良くも悪くも気にしてしまうのです。
この対処法の副次効果として、既読無視された女性が、そのことを気にすることによって、男性のことを考える時間が増えてきます。

そうすると「なんで、私はあの人のことをこんなに考えているんだろう?もしかしてあの人のことが好きなのかな?」となる可能性も。

交際クラブ・デートクラブに登録中の男性は、こういったテクニックも活用していきましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP