交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|男性がデートで遭遇したとんでもない女たち

男性がデートで遭遇したとんでもない女たち

自分が気になる女性とのデートが決まって、食事に行く時には緊張や興奮でドキドキしてしまいますよね。 しかし、その女性とのデートを期待していた分だけ、あまりにも女性のマナーが悪いとがっかりしてしまって、天国から地獄に落とされたような気持ちになってしまいます。
交際クラブ・デートクラブの会員の方はそのような経験はないでしょうか?

デートというのは隠そうとしていても、どうしてもその人の本質が出てしまうものなので、しっかりしたマナーを身につけていないと、男性側は「もうこの女性との2回目のデートはないな・・・」となってしまいます。
今回は、そんな失敗デートを紹介していきたいと思います。

とにかく高いものをねだり続ける女

こちらを見る女性

男性(40代、医師)の体験談

こういう職業ですから、女性からは「どうせお金いっぱい持っているんだし、食事代くらいおごってもらえるよね?」みたいな感じがビンビンに伝わってくることがよくありますが、もうその態度が嫌なんですよね。

「まあ、それくらいならいいか・・・」と思って、食事代を払ったとしても「ありがと~」みたいな感じで感謝されるのですが「お前が払うなんて、お医者さんなんだから当たり前のことだろ?」と女性の心の声が、まるで拡声器を使って話しかけているようにビンビンに伝わってきます。 

それだけなら良かったのですが、一度許してしまうと女性はまるで乞食のように「あれ買って? これ買って?」と、レストランから出た後にウィンドウショッピングに出かけたのですが、高価なものをねだり始めたのです。

「もうお前に使いたいと思う金は1円もないよ!」と、怒鳴りつけたかったのですが、なんとかこらえて帰りのタクシー代を出して帰ってもらいました「えー!? なんでー!? もっと一緒にいたーい!」とか無駄な話をしていましたが、一刻も早くこの最低な空間から抜け出したいと思って、体調が悪いふりをして帰ってもらいました。

家に帰ってゆっくりしていると「今日はどうしたのー? 早く体調良くなるといいね? 良くなったらまたデート連れていってね!」みたいなメッセージが女性から届いたのですが、彼女とはもう会うことはないでしょう。

食べられないくらいの量の食事を注文する女

男性(50代、公務員)の体験談

若い子とデートできるので楽しめると思ったのですが、その女の子が明らかに女性1人が食べられる量ではないのに、料理を注文しまくっていたので「そんなに頼んでも絶対に食べきれないだろ、しかも、自分の好きな部分だけ食べて、後は残しているなんて、よくそんなもったいないことできるな・・・」と、呆れてしまいました。

確かに食べ物を「おいしー!」と言って、たくさん食べる女性は好きなのですが、大量に頼んでおいて自分が好きな部分だけ食べた後は「しーらない!」とばかりに、テーブルの上を食べ終わっていない料理がのったままの皿ばかりにしてしまう女の子を見て「この子はお店の人に悪いとか、俺から見てどのように映るだろうかとか、自分がどれだけ食べ物を粗末に扱っているかということを全く考えていないんだな」と、感じて失望してしまいました。

しかも、ようやくデザートを食べる段階に入ってきたので「ようやくこれで終わりか、散々なデートだったな、次からはもうちょっと外見以外もチェックが必要だな・・・」と、別のことを考えていたのですが、女の子の方が「デザート食べてたら、お肉が食べたくなってきちゃった! まだお腹に入るみたいだから頼んじゃうね。すいませーん!」と、残した料理ばかりが並ぶテーブルの上で、恥ずかしげもなく店員さんに追加注文をしたのです。

私は本当に店員さんに向かって「申し訳ありませんでした!」と、土下座をしたくなるような気分でしたが、その女の子の方はそんな感性を持ち合わせているわけがありませんので、堂々としていました。 店員さんは笑顔をひきつらせながらも自分の仕事に集中していました。

食事が終わった後、女の子の方は私ともっと一緒に過ごしたかったらしいのですが、私の方は一刻も早くこんなストレスだらけのデートを終了したかったので、適当な理由をつけて彼女と別れました。今でも時々彼女からメッセージが届きますが、返信するわけがありません。

デート中もマナーモードにしない女

スマホをいじる女性

男性(30代、自営業)の体験談

食事デートでそこそこ盛り上がっていたのですが、スマホの音がしました「あれ? ちゃんとマナーモードにしてたよな・・・今はデート中なんだから、無意識にマナーモードにしてたつもりなんだけどな」と、若干やってしまったかなと思っていたら、女性の方のスマホでした。

しかも、それから女性の方はスマホに夢中になってしまって、何を言っても「うん・・・うん」と生返事をして、スマホをいじり続けていました。 そのままスマホを持ったまま、もう一方の手でフォークを持って食事を始めたときは「なんだこいつ、自分の家にいると勘違いしてるのか? こんなマナーもなってないやつは、顔にマナーモードの印でもしてもらいたいな」と、頭の中で妄想してしまいました。

私から別に言わなくても常識の範囲内で行動できないという人は、ちょっと人間性を疑ってしまいますね。 当然その女性と二度と会うことはありません。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP