交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|その態度理解できない!脈なしなのにデートに来る女性の本音とは?

その態度理解できない!脈なしなのにデートに来る女性の本音とは?

自分が好意を持っている女性が、デートのお誘いをOKしてくれたら嬉しいですよね。「相手も好意を持ってくれているのかな?」なんて期待だってしてしまいます。

それなのに、いざデートをしてみると相手が素っ気ない態度を取っている…。男性としては全く理解が出来ないですよね。

脈がないのに女性がデートに行く理由や本音についてご紹介します。

交際クラブ・デートクラブの皆さまも参考にしてみてくださいね。

どうして脈なし確定なのにデートに来るの?!

嫌がる女性

誰だって好きな人をデートに誘う時はドキドキして不安なもの。そんな中で念願かなってデートの誘いにOKをもらって喜んでいたのに…。

デート中の彼女が、超そっけない!「嫌ならなんで来たの?」「少しは好意があるから来てくれたんじゃ?」と理解ができない状況を体験したことのある男性も多いのではないでしょうか?

理解できないのも当然なんですが、実は女性は、脈なしでもデートの誘いをOKすることがあります。

ではどうして、女性は脈なしの男性の誘いに乗ってデートに行くんでしょうか?本音をみていきましょう

①ただ単にスケジュールが空いていたから

スケジュールが空いていると不安になるというタイプの女性って意外に多いんですよね。

「一人で家にいると暇人に思われるから嫌」「予定が埋まるなら誰でもいい」などとにかく予定が欲しいというタイプの人がいます。

他にも「別に好きじゃないけど、ご飯に連れていってくれるから」と、したたかなタイプも…。

充実ぶりをインスタなどでアピールしたいと思っている女性もいるかもしれませんね。

②自分が行きたいところだったから

男性に誘われた場所が、自分の行きたかった場所の場合もデートをOKすることがあります。

テレビで人気のレストランや話題のスポットなど、一人で行くのはちょっと…という場所ならなおのことですね。

さらに、好きな歌手のライブなどになると、即OKします。

しかし、あくまで彼女の興味は、自分の行きたかったライブだったり、レストランだったりで、あなたに対してではないのがホントのところです。

何度もデートはできているのに、ただ出かけるだけで一切発展がないという場合は、このことが理由かもしれませんね。

③立場上断れないから

誘ってきた相手が、上司だったり取引先の人だったりすると、仕事への影響も考慮に入れてOKしてしまうことも…。

円滑な人間関係のためにデートの誘いを受けているので、デート中は不機嫌になったりすることはありません。

なので、男性も関係を深めたいと思いますが、女性からしたら、仕事の延長…。心から気を使っているから、デートを楽しんでいるフリをしているんです。

④何度も誘われたから

③に通ずるものもありますが、誘われるたびに断っているのに、それでもめげずに誘ってくる、ある意味ハートの強い男性っていますよね。

毎回断るのも面倒だから、仕方なく1回来てみた、というパターン。押しに弱いタイプの女性や、優しいタイプに多くみられます。

こういうタイプの女性は、本当は来たくなかったという感情と、好きでもないのに来ている罪悪感が共存しているので、表情もきっと複雑になっているはずです。

⑤自分がモテていることを実感したいから

誰だって異性から好かれたら嬉しいですよね。悪い気がすることなんてありません。

男性が自分に対してアプローチしてくれて、デートのプランを一生懸命考えて、優しくしてくれることに優越感をおぼえるんです。

たとえそれが全然好意がない男性でもいいんです。「私ってやっぱりモテ女!」と自覚できたり、友だちにモテることを自慢できれば大満足なんです。

言い方を変えれば、男性をもてあそんでいるともいえます。進展はほぼないので、早めに気持ちを切り替えた方がよさそうです。

⑥ご馳走してくれるから

デートする女性

デートで男性側が誘ってくれたとなったら、お支払いは男性が持ってくれることが予想されますね。交際クラブ・デートクラブを利用している女性は、このパターンが多いです。

楽しいふりさえすれば、タダで素敵な場所でおいしいご飯が食べられる!と考える女性も少なからずいるようで…。

奢ってもらいたいからという理由の女性は、デートの誘いももちろん毎回OKします。しかし、誘いにのる理由はあくまで奢ってくれるから。

デートに費やしたお金が無駄になるという結果に。

まとめ

女性はその男性に一切好意がなく、脈なんてさらさらないのにも関わらずデートの誘いにのります。

「ご馳走してくれるから」「モテ自慢をしたいから」「スケジュールを埋めたかったから」など、自分本位な理由でデートの誘いを受けていたなんて、男性としては腹立たしい部分もあるでしょう。

しかしプラスに考えれば、二人きりで会ってくれるという事は、女性からある程度は信頼されているということですよね。少なくとも嫌いという事はないでしょう!

そうは言ったものの、好きな女性といつまでも関係が発展しないとなると、どんなに好きでも気持ちが持たないので、どんなタイプの女性なのかを見極めて誘うことが重要です。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP