交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|なんでもいいよ、への対処方法

なんでもいいよ、への対処方法

和洋中、ラグジュアリーからカジュアルまで、デートの食事って迷ってしまいますよね。2人のお気に入りがあったり、行きつけがあったり、というのであれば迷わずに済むのですが、お付き合いの前や付き合ってすぐだったりするとなおのこと、交際クラブ・デートクラブでのデーーとでも、お店選びにもかなり気を遣うのではないでしょうか。

特に女性をスマートにエスコートしてポイントを上げたい男性としてはなかなか重要な問題です。
そんな男性を迷宮に放り込む女性の一言が「なんでもいいよ」です。投げやりとかではなくて、「○○君が選んでくれるなら、なんでもいいよ」であったり「私好き嫌いあんまりないからなんでも大丈夫だよ」であったり。こんな時多くの男性が、いっそ好き嫌いがあってくれた方が助かるのに!と、声にならない悲鳴を上げていることでしょう。
でも多くの女性は好きな人にワガママだとは思われたくありませんし、フォローするつもりで気を遣ってくれているので、ますます男性は迷宮へと嵌り込んでいくことになります。
何をそんなに困ることがあるのかといえば、なんでもいい、は時としてなんでもいい訳ではないからなのです。選択次第では、女性の微妙な表情を見ることになったりして、だからこそ迷宮、難問なのです。

事前にリサーチしておく

おすし
そこで、女性になんでもいいと言われて困らない方法があります。
まずひとつ目は、備えあれば憂いなし。事前にリサーチしておくことです。
そして自分の知っているお店や友人のオススメなどから2、3押さえておいて、彼女に選択してもらいます。
何食べたい?みたいなざっくりした質問はエスコートとしては失格。それならオススメのお店一本で勝負した方がまだ遥かに素敵です。その場合でもやはり、普段から彼女の好みをリサーチしておかないと上手くは行きません。いつもの他愛ない会話から、聞いたことを覚えておきましょう。

ふたつ目はそれとなく彼女から今日の気分を聞き出す方法。
まずは自分から、パスタ食べたいね、と言ってみてください。大抵の場合、違う時は違うモノを答えてくれるはずです。そうしたら、うん、それもいいね!と乗ってしまえばいいのです。パスタ食べたい気持ちはどこに行ってしまうのかとお思いかもしれませんが、もし彼女に聞かれたら、次はパスタに付き合ってよ、と付け加えるだけ。これで次の約束まで出来てしまうので一石二鳥と言ってもいいかもしれません。
 ともかくパッと切り替えて乗ってしまえる軽さも時には必要です。

 それから2人で初めて食事に行く場合。
 好みもまだわからないし、彼女もまだ自分の意見を積極的に言ってはくれない関係の場合です。こういう時に無理して高価なレストランや評価サイトの星の数を基準にしたお店選びは必ずしも正解になりません。
 一番いいのは自分が行ったことのあるお店で、雰囲気を重視することです。味ももちろん大事ですが絶品のラーメンやお気に入りの焼き鳥屋は相手を選びますから要注意です。気取らないお店がいいという女性も少なくはありませんが、それは次回の約束にすれば問題ありませんし、なによりそういったお店は席の予約が出来ない場合があります。
 行ったけどすぐに入れなかった、賑やかでゆっくり話が出来なかった、というのは初めての食事では避けたいもの。やはり予約は取っておくのがスマートなエスコートと言えます。
 気取り過ぎず、チープ過ぎず、雰囲気のいいお店。デキるオトコならば2件目のバーやカフェも押さえておくべきでしょう。

なんでもいいよ、とは

食事するカップル
 こんな風に方法を挙げてみると、事前のリサーチや普段の会話を聞いておくこと、彼女の気分に合わせることなどとても大変だと感じるかもしれません。
 でも、女性の言う「なんでもいいよ」の答えはまさにここにあるのです。
 女性は男性と比べると食事に誘われる機会が多く、どちらかといえば選ぶ側です。ですからどの男性との食事が一番自分に合っているか、満足できるかを直感的に評価します。
 
もちろんどれだけお金をかけてくれるかを評価する女性もいますが、それよりも普段から話を聞いてくれているか、好みが合うか、さりげなくエスコートして楽しませてくれるかなど、そういう評価を下します。交際クラブ・デートクラブに登録している女性もそうです。
モテる男性はマメだといいますが、何も毎日のように連絡をくれる男性がマメなのではありません。その女性に対してどれだけ時間や労力を費やしてあげることが出来るかが本当のマメさなのです。

男性に尽くされることに慣れ過ぎている女性は別として、大抵の女性はお返しすることや尽くすこと自体嫌いではありません。ですから時間や労力、時々お金も使って女性のために尽くした分、お付き合いした後や結婚した後に尽くしてくれたり支えてくれたりして返してくれることが多いのです。
 何よりマメに尽くして満足させてあげることが出来ればデートはずっと楽しくなりますし、近い将来への投資だと思って心掛けてみてください。

 これはお付き合いの期間が長いカップルやご夫婦も同じ。外にご飯食べに行こうよと誘うなら少なからず準備をしておいて、彼女や奥さんに喜んでもらった方が誘ったこちらも気分がいいというものです。
 
 女性が口にする「なんでもいいよ」は、「なんでもいいけど、私のために少し、がんばって、いい気分にさせて欲しいな」ということくらいに思っておいて間違いありません。
 面倒くさいな!という声が聞こえてきそうですが、世のモテるオトコはこの面倒くさい一連のセッティングさえも楽しめてしまうのです。

入会仮申込み・お問合せ